ダイエット中なのに食欲が爆発!生理前のPMSをコントロールする方法

ダイエットしてるのに生理前の食欲が爆発!

 

いつもは間食などもしないのに、生理前になるとなぜか常に食べている気がする。

 

「せっかくがんばってたのにリバウンドしてしまった…」なんて悲しいですよね。

 

生理前になると食欲が増し、ついつい食べ過ぎてしまうのを何とかセーブしたいですよね。

 

ただでさえつらい生理前の諸症状を、ダイエット中に乗り越える方法をお伝えします

 

 

 

<ダイエットが水の泡!生理前のPMSって?>

 

ダイエット中なのに食欲が抑えられないのは、生理前のホルモンの変化の影響が考えられます。

 

生理前には食欲が増す事以外にも、体に様々な体調の変化が出ます。

 

これをPMS(月経前症候群)と呼びます。

 

PSMの症状には主にどのような物がみられるのか解説します。

 

 

【食欲】

 

女性の体は排卵があった後は「黄体ホルモン」の分泌が増えます。

 

この黄体ホルモンは妊娠に備えて、水分や栄養を溜め込もうとする働きが有ります。

 

また、黄体ホルモンの分泌が増えると血糖値が下がり、体が糖分を必要とすることから生理前には甘いものが食べたくなるとされます。

 

 

【イライラ(情緒不安定)】

 

生理前になるとイライラしたり、急に悲しくなったりする場合が有ります。

 

なぜこの様に、精神が不安定になる事が増えるのかと言うと、ホルモンバランスに関係が有ります。

 

生理前には、ホルモンバランスが乱れ「セロトニン」と言う精神を安定させる物質が減少します。

 

その事によりイライラや気分の落ち込みなど情緒不安定が起こりやすくなります。

 

 

【便秘】

 

生理前になる便秘は、ホルモンの影響が考えられます。

 

黄体ホルモンは、妊娠に備えるため流産の恐れが無いように子宮の収縮を抑える働きがあるのですが、その影響が大腸にも出てしまうため、腸の動きも鈍くなり便秘になってしまうのです。

 

もう一つは、黄体ホルモンの影響で水分や栄養を溜め込もうとするので、水分の不足から便が固くなりなおさら出にくくなってしまいます。

 

 

【頭痛】

 

生理前になると起こる頭痛は、排卵直後に卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に減り、それにともない脳内物質のセロトニンも減少します。

 

この時に脳内の血管が拡張して頭痛が起きやすくなります。

 

頭痛の種類は、「頭を動かすと痛む」や「脈を打つような痛み」が多く、「片頭痛」という吐き気を伴い、目がチカチカすると言った症状のある頭痛もあります。

 

 

【眠気】

 

生理前はホルモンの影響で、基礎体温が高温の状態から低温の状態になります。

 

人間は体温が高い状態から下がる時に眠気を感じるので、生理前の体温が下がる時に眠くなると言えます。

 

 

 

<生理前の食欲コントロール術>

 

PMSによる食欲増加を何とかして抑えたい!

 

そんな時、上手に食欲をコントロールできる方法を紹介します。

 

 

【ドカ食い防止】

 

食欲が増すのは体が必要とするためで、無理に抑えるのはストレスになってしまいます。

 

そこで、1度に食べる量を減らして、回数を増やしましょう。

 

少しずつ回数を多くとる事で急激な血糖値の上昇を防ぎ、空腹感を抑える事が出来ます。

 

しかし、ダラダラと食べ続けるのはやはりNGです。
1日3食を5食にするなどにして、間食はおにぎりなどにすれば食欲も落ち着き、高カロリーなお菓子を食べないで済みます。

 

 

【アロマ】

 

グレープフルーツの香りは、食欲が抑えられる効果があります。

 

逆にジンジャーやローズマリーなど、刺激の強い香りは食欲が増してしまうので避けましょう。

 

 

【飴をなめる】

 

生理前には血糖値の変動が大きいので、糖を補給することで安定します。

 

甘いものが欲しくなったときは、飴など糖質を摂取できて尚且つ長時間口の中に入れておけるものがおススメです。

 

空腹感が紛れる効果があります。

 

 

 

<生理前の便秘解消法>

 

生理前の便秘は、ホルモンが関係していますが、どのような解消方法があるのか紹介します。

 

 

【水分をこまめに補給】

 

生理前には水分が不足しがちになるので、こまめに水分補給することで便も柔らかくなり出やすくなります。

 

水分を摂る時は糖質の高いものなどを避け、水や白湯または天然のハーブティーも良いでしょう。

 

 

【運動】

 

腹筋が弱い女性は、便秘しがちな場合が多いです。

 

腹筋を鍛える事で排便がスムーズにいくようになります。

 

また代謝を上げるウォーキングなどの有酸素運動をすると、腸の働きも良くなり便秘解消へ導きます。

 

 

【食品】

 

生理前はホルモンバランスの影響で腸の働きも鈍くなってしまうため、ヨーグルトなど整腸作用のある食品を摂ると効果が期待できます。

 

また、食物繊維の多い食品も腸内の働きを促すのでおススメです。

 

 

【マッサージ】

 

腸の働きが鈍く便が出にくくなってしまうので、外側から刺激を与えて便を出しやすくしましょう。

 

方法は、お腹を両方の手のひらで“の”の字に20回くらいマッサージします。

 

 

 

<生理前のイライラ解消法>

 

生理前のイライラは自分で分かっていても抑えられないことが多いですよね。

 

どのような解消法があるのでしょうか?

 

 

【栄養バランスの取れた食事】

 

イライラは栄養バランスの崩れにも関係があるとされています。

 

生理前は特にビタミン、ミネラル類を多く含んだ食事を摂るように心がけましょう。

 

 

【アロマ】

 

アロマは人の心と体に様々な効果を与えます。

 

またホルモンを分泌する事にも作用するので、上手に取り入れてイライラを緩和しましょう。

 

 

【十分な睡眠】

 

生理前に限らず睡眠が不足するとイライラのもとになります。

 

睡眠が足りていないとホルモンバランスも乱れるので、さらに情緒不安定になってしまいがちです。

 

この時期はなるべく体を休めゆったりとした時間を過ごし、睡眠も十分とるように心がけましょう。

 

 

 

<まとめ>

 

PMS(月経前症候群)とは様々な不調が起こってしまいますね。

 

ダイエット中にはストレスにならないように、食欲をコントロールする事が大切です。

 

他に起こる様々な不調も、自分に合った方法で上手に乗り切りましょう。