今日から菌活!善玉菌が増えるメリットとは

腸内細菌というのは腸に生息している細菌になります。
この腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、そして場合によってはどちらにもなる日和見菌という3つの菌が存在しています。
この腸内細菌について、少し前までは便秘・下痢といったような腸の問題だけの観点で語られることが多かったですが、近年ではこの腸の健康が体全体の健康にかかわってくるということが分かってきました。

 

 

1.悪玉菌が腸内で引き起こす弊害

 

善玉菌のメリットとしては一言で言ってしまうと「悪玉菌を減らすことができる」ということにつきます。では、この悪玉菌が腸内に存在する場合のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

悪玉菌としてその存在を知られているものにはまずピロリ菌があります。ピロリ菌は体内に入って胃壁を攻撃するという行動を起こします。

 

胃壁というのは胃酸から胃を守る役割を果たしている部位になります。ピロリ菌によってこの胃壁が攻撃されることにより、胃酸の悪影響を胃がまともに受けることになります。

 

結果として、発生することになるのが胃潰瘍の症状になります。胃潰瘍の状態で胃の健康状態を回復させてやることが出来ればよいですが、これがうまくいかなかった場合には胃炎、最悪は胃がんの症状につながっていきます。

 

また、悪玉菌が増えることにより、腸内の腐敗が進んで便秘や下痢が発生することになります。また、アンモニアといったような有害物質が腸内に発生することになり、それによって、おならの臭いが臭くなったり、お腹がガスで張るようになります。

 

 

2.善玉菌が増えることにより便通の改善と免疫力アップ

 

悪玉菌が増えることの弊害は上記の通りです。
そして、このような悪玉菌を腸内で減らしてやる効果があるのが善玉菌になります。

 

善玉菌が腸内で増えることによって、まず改善がみられるのが便通になります。
下痢や便秘といった症状やガスが溜まるといった症状が善玉菌が増えることにより、改善されることになります。

 

このような便通の改善は、昔から善玉菌が腸内に増えることのメリットとして言われてきたもので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、近年はこの便秘解消効果だけでなく、腸内に善玉菌が増えることにはもう一つ大きな効果があることが分かってきました。それが免疫力をアップさせるという効果になります。

 

腸内に悪玉菌が増えると下痢、便秘、ガスを発生させるだけではありません。これに加えて、免疫力が低下するという弊害も発生します。

 

実は体内の免疫力については7割以上が腸の機能によっているというデータもあります。そのため、悪玉菌が増えて腸の機能が低下することは免疫力が低下して、風邪をひきやすくなる原因につながります。したがって、腸内に善玉菌を増やしてやることは風邪の予防にも効果を発揮することになります。

 

 

3.善玉菌を増やすためには

 

では、善玉菌を腸内に増やしてやるにはどうすればよいのでしょうか。

 

腸内に善玉菌を増やしてやるには善玉菌を含んでいる食材を摂取してやることが一番になります。

 

このような食材の代表例としてはヨーグルトがあります。ヨーグルトの宣伝文句で乳酸菌配合、ビフィズス菌配合といったようなキャッチフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

この乳酸菌とビフィズス菌は善玉菌の代表的な存在です。特にビフィズス菌には上記で述べた便通の改善や免疫力アップ効果に加えて、酢酸という物質を生み出す働きがあるといわれています。

 

この酢酸は糖類と一緒に摂取されることにより、疲労回復効果があります。したがって、疲れにくい体を作るという点でもビフィズス菌を摂取することは効果があります。

 

 

まとめ

 

おなかの中の善玉菌を増やすことの健康効果についてご紹介しました。

 

このように、腸内環境を整えることは便秘の解消やデトックス効果を促進します。
腸内の善玉菌を増やすことは長期的にお腹の健康をキープするのには向いていますが、すぐに便秘をなんとかしたい!!という場合はより即効性がある便秘解消法を取り入れるのも1つの方法です。

 

スッキリおなかとダイエットに効果的なその方法とは?
あわせて読んでみてくださいね♪
↓↓↓
痩せない原因はガンコなおなか?便秘に効く飲み物